インテリア雑貨で個性を出す!おしゃれなアイテムやトレンドを知る

おしゃれなインテリア雑貨の探し方

>

時代や年代を感じさせるインテリア雑貨

ロココやヴィクトリア

ロココといえば18世紀のフランス宮廷発祥の美術様式で、バロックに続き人気があります。繊細で優美な様は見ているだけでうっとりしてしまいます。ロココ調家具も大人気ですし、ちょっとテイストを取り入れたい場合は繊細な装飾がほどこされているアクセサリーケースや、鏡を雑貨として取り入れると良いです。
同じく人気のテイストと言えばヴィクトリアン調です。ロココはフランスですがヴィクトリアンはイギリス皇室をイメージしたテイストで、豪華で非対称であるのが特徴です。ややレトロ、モダンなテイストが多く古ぼけた本だったり、豪華なシャンデリアだったり様々な時代のテイストを取り込める雑貨が良いです。
他にもゴシックも同じテイストとして人気です。

ミッドセンチュリースタイルって何?

1945年に第二次世界大戦が終わった辺りにトレンドとなったミッドセンチュリースタイルは、開放感のあるテイストです。ポップなカラーや曲線を多用し、新しい時代を表しているかの様に自由なスタイルが特徴です。ボールの様なものがいくつかも連なった形状のソファーや餃子の様な形をした照明などクセの強い家具同士を合わせるスタイルです。
ミッドセンチュリースタイルには統一という言葉はありません。曲線や個性的なデザインの雑貨をいくつも並べ、自分のスタイルを貫くのがこのテイストの醍醐味です。
但し大量消費の時代に出来たテイストなので、ややチープなアイテムの方がしっくりきます。ガラスや金属、木材と材質にこだわりは無く自由に彩れます。


TOPへ戻る