インテリア雑貨で個性を出す!おしゃれなアイテムやトレンドを知る

おしゃれなインテリア雑貨の探し方

インテリアと時代の移り変わり

日本には和風テイストがある様に、エリアや地域にも個性的なデザインのインテリア雑貨が存在します。 アメリカンスタイルや北欧スタイルは近年のブームになりつつありますが、アフリカンスタイルやアジアンスタイルも人気のテイストです。これらのインテリアについて説明しています。

時代や年代を感じさせるインテリア雑貨

当然ですが時代によって使うインテリアは大きく変わり、好みや思想も大きく違うものです。 住宅はいわば自分のテリトリーになるので、個性を出したい・差をつけたいとおもうのは当然です。自分の好きな時代や年代をモチーフによりリラックス出来る空間になります。

テイスト別おすすめインテリア雑貨

インテリアには年代や時代、地域だけでは無くテイストとうものもあります。その部屋の雰囲気に合ったインテリア小物を使う事で統一感が生まれますし、部屋がグンとおしゃれになります。 テイストの紹介だけでは無く、お勧めのインテリア雑貨も紹介しています。

和風だけじゃない!いろんな地域のインテリア雑貨とは?

ファッションに流行がある様に、インテリアにも様々なトレンドがあります。日本には和風というモダンなスタイルのインテリアがあり、遠い昔からインテリアや建物の趣にこだわったり個性を出したりしていました。
ちなみにおすすめのインテリアが多い中で、世界的に有名なデザイナーが最悪だと感じたインテリアなどもある様です。日本では結構見かけるふわふわな生地を使ったトイレカバーやピンク色で統一された部屋はミスマッチを評価されるのがほとんどです。
年代によっても酷評されるインテリアは異なり1970年代にトレンドになったアボカドグリーンのバスルームに空飛ぶアヒルの壁飾りを設置するのは、イギリス人にとっては最悪のインテリアと言われていました。同じく1960年代のイギリスでは花瓶の下などに敷く敷物も、部屋の雰囲気と合わないと言われていました。
インテリアは個性や感性によって大きく違うので、何が正解であるかは難しいところです。特に近年では人種や性別だけでは無く、考え方も多様化しているので、どんなインテリアや好みのジャンルであっても非難される事はありません。
とは言っても出来るだけハイセンスはインテリアを設置したいと思うのは当然ですし、好きなインテリアに囲まれた家に住みたいです。ここではおすすめのインテリア雑貨や、今トレンドになりつつあるテイスト、時代やエリアによって変わるインテリア雑貨について公開しています。模様替えを考えている方は必見です。

おすすめリンク

TOPへ戻る